2 3 4
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
かわいくてシュールな味わいをめざす、
手づくり大好き姉妹ユニット「こきちや」。
姉のまめこの日記です。
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
力作!さるこのウッドバーニング

こんにちは、まめこです。

 

妹さるこが絵付けした作品をご紹介したいと思います!

 

妹から「描いているよ〜」と聞いて約1年。

 

うちに5セット送られてきました。

 

細かい絵付けの力作揃いです!

 

 

 

 

まずはこちら。

5人組のマトリョーシカです。

 

 

 

一番外側のマトリョーシカの高さが11センチ。

 

 

 

ほっかむりに描かれているのは「雪華」という模様です。

 

 

ロシア製の白木の木地に、ウッドバーニングで絵付けしています。

 

ウッドバーニングは、金属製のペンを熱して、木に焼き付けて描く手法。

 

線を描いたあと、同系色の絵の具で、模様の一部を色付けしています。
 

 

 

「雪華」は冬の模様ですが、江戸時代には冬だけでなく、夏にも人気だったそうです。

 

涼しげに感じるからでしょうか。

 

 

一番小さいマトリョーシカは3センチ。

 

5人ともこけしを大事に抱えています。

 

 

 

 

 

 

 

続いてのマトリョーシカは・・・

同じ11センチのサイズです。

 

 

 

模様は、「亀甲」と「花唐草」の組み合わせ。

 

 

一つ開けるごとに、模様の違いが楽しめます。

 

 

「日本の伝統文様」の図鑑を参考にして描いているそうです。

 

 

 

 

 

続いてのマトリョーシカはこちら。

一番外側のマトリョーシカの高さが16.5センチ。大きめの5人組です。

 

 

 

描かれた模様は「小紋」。

 

 

すごく細かいです・・!

 

 

 

 

 

 

一番小さいマトリョーシカは3.5センチ。

 

 

 

 

 

 

そして次は、さらに大きい18センチの5人組。

大きくて存在感があります!

 

 

 

「破れ亀甲」と「七宝」という模様だそう。

 

こちらも、開けるごとに模様の違いが楽しいです♪

 

 

 

 

 

 

 

裾の部分も、何種類かの模様が組み合わさっています。

 

 

 

 

 

最後は、珍しいこけしタイプ。

入れ子にはなっていない単体の作品で、高さは15センチです。

 


 

衣装は、七五三の晴れ着をイメージして描いたそう。

おかっぱ頭に、ちょっとおすましの表情がかわいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪の毛は、細かい模様がコラージュされています。

 

 

 

自分の妹ながら、絵付けの細かさと根気に、毎度驚きます。

 

これまでの作品と比べて、線がくっきりして、さらに細かくなったような気がしました。

 

以前より絵付けのスピードは速くなっていると思うのですが、模様が細かくなった分、作品全体にかかる時間は変わっていないみたいです。

 

ミンネで一部を出品しています♪

ミンネ こきちやのギャラリー

 

 

妹が中学生の頃に作っていた粘土作品のことを思い出します。

粘土で1センチくらいのレンガを何百個も作り、積み重ねて家を作っていたんです。

驚きの細かさと根気でした・・・!!

 

 

あの粘土の家はまだどこかにあるかな。

さるこの子どもたちにぜひ見てほしいなあと思います(^^)

 

 

 

| こきちや作品紹介 | comments(0) |
2 3 4
<< | 2/160 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex